コンテンツへスキップ

若い頃、はじめての就職先でストレスからの抜け毛に悩まされました。
先輩からの理不尽な言動で自分でも気づかないうちに抜け毛がひどくなり紙の髪のはえ際が極端に薄くなってしまいました。

 

毎日鏡を見て洗顔や歯磨き、お化粧をしていました。ですか不思議と自分では抜け毛に全く気づかず、家族に指摘されてはじめてうすくなっていることに気付きました。

 

勧められた心療内科を受診し、心に大きな穴が空いていることを知りました。
また不思議なことに心療内科で自分の心の病気に気付いたおかげで少し開き直ることができ、しばらくすると髪の毛が生えはじめました。気づいてからは生え際が薄いのをすごく気にしていました。

 

帽子をかぶったり、髪の毛をアップして必死に隠していました。私のようにストレスから抜け毛に悩まされたり、ホルモンバランスのみだれや病気による副作用だったりそれぞれに悩みをかかえていると思います。

 

心療内科を受診し、自分の心の病気を知ったことで開き直ることができました。病院を受診し、薄くなっていることに気づいてから髪の毛が生えやすくなるミストや栄養剤を使用しましたがあまり効果は得られませんでした。

 

抜け毛や薄毛の原因は人それぞれだと思います。ただ年齢的なことでうすくなってきた場合などはミストは効果があるのかもしれませんが、ストレスやホルモンバランスのみだれは生活習慣を改めることで改善されると思います。

 

抜け毛や薄毛には必ず理由があります。気になったらすぐに医療機関を受診し、適切なアドバイスを受けることで短期で悩みを解決できるかもしれません。

 

薬や生活習慣の見直しですぐに効果が現れることも多いです。自分で勝手な判断をせず、医師の助言をしっかり耳にいれることが重要かもしれません。

 

食べ物でもかなり良くなるそうなので前向きにいろんなことを試してほしいです。

若い頃は気にならなかったんですが、ここ最近は髪の毛のボリュームを気にしています。もともと髪の毛は細くて色素も薄め。髪の毛を染めなくても少し茶色い印象でした。

 

ボリュームが気になったきっかけは髪の毛をアップにしたときです。あきらかにこめかみの周辺の頭皮が見えすぎているんです。夏になるとアップにするようになる私。

 

去年は気にならなかったのにな、と感じてその夏はアップにはしませんでした。なのでしばらくボリュームがなくなっているかを確認することもありませんでしたが、妹に指摘されて薄毛の進行を目の当たりにしました。

 

ただ、私の薄毛の進行は範囲を広げることはありませんでした。ただひたすらにこめかみ周辺だけがボリュームがなくなりました。M字ハゲ、なんて聞きますが一番それが近いように感じています。

 

本来であれば治療や改善を望んでいますが、私は放置しています。前髪ウイッグというものがあって、それを使用することで事足りています。

 

少しくらい不自然でも、現代はウイッグもおしゃれなアイテムのひとつのように扱われていますね。なのでウイッグだと周囲に気づかれても、まさか薄毛を隠しているようには見えないというのが現代に生きていて良かったと思います。

 

それでも、プールや海に行く時は頭部のウイッグは気になります。梅田にあるAGAクリニックにかかろうかと悩んでいます。

まずフケが多くかゆみもあり頭皮に皮脂がたまりやすいという状況は10代の若いころからありました。皮膚科にいけばよかったのでしょうがとにかくシャンプーをまめにしてもフケとともに多くの髪の毛が洗髪時に落ちました。一日でもシャンプーをしなかったらかなりの髪がバサバサとおちていきました。その頃はスカルプケアもなくなすすべがなかったのです。散髪屋さんがすごいフケ性と知ってシーブリーズという頭皮がスーッとする整髪料をかけてくれてまた毎日つかうといいよと指南してくれました。しかしどうやってもひどいフケ性で頭皮がアブラ性でかつ乾燥肌というやっかいものでした。いま50を過ぎてもこのやっかいなことは続いているので皮膚科にいきました。そうすると処方されたクリームを軽く頭皮につけ洗髪時はシャンプーを使わずぬるいめの湯でながすようにといわれやってみるとフケはほとんどなくなり抜け毛も減りましたとにかく頭皮を清潔に保ちましょう。散髪は短めに切りスカルプケアのシャンプーを使いましょう。その後ヘアトニックをかけ指のはらで指に力をいれてマッサージしましょうヘ
アトニックは髪の素をお勧めします。抜け毛、育毛剤も使用しましょう。最近は内服薬の育毛剤もあるそうですが積極的に使いましょう。AGA治療しているクリニックなどで処方してくれます。そして私の様に皮膚科に通院して頭皮の状況をみてもらいましょう。

私はもともとは髪が硬く、量もかなり多い方でした。しかし大学時代に一年間海外に留学することになり、シャワー生活になりました。日本とは水質が違うことから、一気に髪がよく抜けるようになりはじめました。

毎日のシャワー終わりには、排水口にたまった自分の髪の量に驚いていたほどです。あれだけ量が多かった髪も、全体的に減っていました。
急激な抜け毛に悩まされた私は、ありとあらゆるせいはつりを購入し、試す日々がを過ごしました。

人間は1日に抜ける髪の量が決まっているとはいいますが、明らかに生える量よりも抜ける髪の量が多かった私は、当時の留学先でのストレスが髪にかかっていました。

その中でも一番解決に近づけたのが頭皮マッサージとヘアオイルです。中でも個人的に効果があったのは、マツモトキヨシで購入したルンタと呼ばれるヘアオイルです。
AGAや抜け毛に悩まされている方がいらっしゃいましたら、まずは健康的な毎日を過ごすことをオススメ致します。
いくら高い整髪料や育毛剤を使用したところで、身体自身が不健康であれば何の意味もありません。まずは早寝早起き、質のいい睡眠、適度な水分補給と運動を取り入れてみてください。

頭皮の状態が見違えるように柔らかく、弾力を取り戻します。硬い頭皮をまずは柔らかくしていきましょう。

ダイエットをして急激に痩せた時に髪の毛が大量に抜けた時がありました。
女性なのにAGAのようにおでこや頭頂部など薄くなって毛量も少なくなりました。最初は気にしていなかったのですが、急におでこが広くなって顔が大きく見えたのでびっくりしました。おそらく、ダイエットによるホルモンバランスの崩れから抜けたと思います。

 

抜け毛や薄毛になったことでやりたいヘアアレンジができなくなり帽子ばかり被っていました。

 

まずは、ダイエットをやめて規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事をしました。ホルモンバランスを整えて髪の毛にいいとされるタンパク質を多く摂るようにしました。

 

それまではかなり痩せてましたが、適正体重まで戻したら自然と髪も抜けなくなりました。
また美容院で相談して抜け毛にいいシャンプーやヘアケア商品を教えてもらい使いました。頭皮マッサージや炭酸スパなども定期的に行いました。

 

女性の方は体型のためにダイエットをして不規則な生活、栄養不足になりがちです。体型は綺麗になるかもしれませんが髪の毛が抜ける事までは思わないと思います。ホルモンバランスが崩れたら肌だけでなく髪の毛も抜けてしまうこと知ってほしいです。

 

そのためには、炭水化物やタンパク質、脂質などバランスの良い食事を心がけよく眠ることが大切です。定期的なヘアケアもしていい頭皮にしておいた方がいいです。

男性型脱毛症AGAは内服治療が適していて、外部からのケアであるシャンプーや育毛剤では対応が難しい傾向があり、最初は外部からのケアばかり必死で行って結果が出なかったです。

情報収集していくと、見た目で解る変化としては前頭部がM字型に後退したり、頭頂部のO字型ハゲがAGAの特徴であり、M字型に進行していたので対策方法を変えました。

医療機関で診察処方してもらう内服薬での治療に切り替えるのが安全ですが、コスト負担を考えてネット通販で安いAGA治療薬を購入しました。

しかし、効果は全く出ずに、こうした通販の輸入品はこっそりと格安で治療出来るメリットがありますが、偽物や粗悪品を掴む可能性もあります。

自身が選んだ輸入品は成分が含まれていない偽物タイプで、幸い副作用等が無かったので良かったです。

その後はコスト負担を覚悟して医療機関で内服治療を開始し、半年から1年程飲み続けていくと抜毛が止まるといった変化も見られ、薄毛に悩んだ時は最初から医療機関に相談すれば良かったと感じます。