コンテンツへスキップ

今はまだ薄毛になっていないという風に思っている男性も多いかと思います。
確かにまだ薄毛が加速していない場合は髪がまだ十分あってまだ自分が薄毛になったという
自覚がない事もあります。

ですが、自分の髪に変化が起きている事にも同時に気づいていながらそれを悪い事と思っていない事もあります。それはどういう事かというと自分の髪が以前とは違って明らかに細くなっているという場合です。

でも、多くの男性は髪質が変わったくらいではまだ自分が薄毛になってきたとは思っていないです。
なぜなら、その段階ではまだ頭皮に十分な量の髪があるからです。

なので実際は薄毛の兆候が出ていてもまだ自分が薄毛になっている事に気づいてない事が多いです。
なのでまだ本格的に抜け毛が増えてない時でも髪質に変化が出てきたらすぐに薄毛対策や治療をした方が良いです。

そうすれば抜け毛が増えてしまって毛根が死んでしまう前に十分な対策ができるので
毛量が減る事を防げるようになります。

普段生活していて、部屋に髪の毛が落ちる、お風呂場で髪を洗う事によって抜ける、あたりまえかもしれません。
簡単な掃除ですぐ気にならなくなりますよね。

しかし、以前仕事が忙しすぎて毎日毎日残業していたとき、まくらやお風呂場での抜け毛がいつもよりも多いのではないか?と感じることがありました。
気になりだしたらすごく目が行くようになり、実際、以前にまして髪が抜け落ちていました。

掃除の頻度が増えるとともに、円形脱毛症のような箇所ができていないかと毎日鏡でチェック・・・気持ち的にもとてもつらかったです。
ストレスが髪に影響するという話を聞いてからは、残業の多さから外食やダラダラとした自分の時間で睡眠時間を圧迫していた生活を改善、心身ともにストレスがたまらないよう生活を改善しました。
その甲斐あってか、抜け毛はきちんと減ってくれました。

心身の異常が髪に影響することは大いにあります。
抜け毛が気になっている方、ぜひ生活を見直してみてください、きっと改善します。

PR|埼玉・大宮で評判のAGAクリニック|

髪の量は多い方で、しかもくせ毛なのでボリュームがあり、薄毛を気にしたことはなかったのですが、ある日職場で同僚を後ろから見た時、つむじ周辺が薄くなっていることに気づきびっくり。同い年の私もそろそろ薄毛対策をしておいた方がいいのかも、と思うようになりました。

 

具体的に何をしていいのか迷っていた時に、雑誌で、シャンプーを使わずに洗髪する「ノンプー」の記事を読んだのです。「湯シャン」とも呼ばれていて、芸能人にも実行している人がいるそうです。

 

髪の汚れはお湯だけで8割近くが落とせるため、シャンプーの効用は、どちらかというと洗ったと実感できる爽快感や満足感にあるらしい。ノンプーには、余分な皮脂を落とさずにすみ、シャンプーの刺激もないので、頭皮が健やかになるというメリットがあります。頭皮環境が改善することで、抜け毛が減り、薄毛防止にもつながるそうです。

 

毎日ノンプーで済ませるにはまだ抵抗があるため、週に1度だけの実行に留めていますが、すすぎに時間がかからない分、マッサージをするようにもして、薄毛防止につとめています。

薄毛に悩んでいるのは男性だけではありません。私の母や祖母も加齢と共に髪が細くなり、自然光の下ではかなり頭皮も目立ち始めています。特に女性の場合薄毛は、実年齢より老けて見えてしまうので男性よりも致命的です。

その点男性は、わざわざスキンヘッドで男性力をアピールする人さえ存在します。ですから私は、薄毛だからと悩む必要は全くないと感じている一人です。しかし、薄毛に対する悩みは人それぞれです。父はドラッグストアで幾つも育毛シャンプーを買い込み試しています。それを内緒で使う母や祖母、かく言う私も将来同じ悩みを持つことになるかも知れません。

薄毛に悩みを感じたら、先ずは、育毛シャンプーや育毛剤を試すことをおすすめします。毎日のブラッシングや頭皮マッサージは抜け毛対策にもなるので必然です。色々試しても悩みが改善されないのならAGAクリニックへの相談をおすすめします。薄毛の原因も人それぞれですが、ストレスも大きな原因の一つです。ストレスを感じ続けることは薄毛に拍車を掛けることに繋がります。

悩んでいる前に行動を起こすことが何よりの薄毛対策です。

私が円形脱毛症を発症したのは、19歳の時でした。

最近抜け毛が多いなと思っていたのもつかの間、いっきにほとんどの髪が抜け落ちたのです。そのときの心情は言葉では言い表せないほど辛かったです。毎日排水溝には大量の髪が詰まり、恐怖と悲しみでいっぱいでした。

私はもともと喘息とアレルギーがあります。そのかかりつけの医師に髪のことを相談してみたところ、大きな病院の皮膚科を紹介してくれました。

皮膚科で頭を診てもらったところ、全頭脱毛と診断されました。円形脱毛症には幾つかの種類があるそうで、小さな円形脱毛症が2つ程度なら単発型、3つ以上は多発型、私のようにほぼすべての髪がなくなった場合は全頭型と称されます。他には蛇行型やびまん型などもあります。

原因は確定ではないものの、私の場合は髪染めがいけなかったようです。大学に入って自由になったことをきっかけに、美容室で髪を何度か染めました。それにアレルギー反応を示したのではないかということでした。

その後、週に2回紫外線治療を行いました。幸いにもすぐに発毛が見られ、1年後には元どおりになりました。それ以来再発もしていません。

アレルギーのある方は円形脱毛症になる確率が上がるそうなので注意が必要です。