コンテンツへスキップ

男性型脱毛症AGAは内服治療が適していて、外部からのケアであるシャンプーや育毛剤では対応が難しい傾向があり、最初は外部からのケアばかり必死で行って結果が出なかったです。

情報収集していくと、見た目で解る変化としては前頭部がM字型に後退したり、頭頂部のO字型ハゲがAGAの特徴であり、M字型に進行していたので対策方法を変えました。

医療機関で診察処方してもらう内服薬での治療に切り替えるのが安全ですが、コスト負担を考えてネット通販で安いAGA治療薬を購入しました。

しかし、効果は全く出ずに、こうした通販の輸入品はこっそりと格安で治療出来るメリットがありますが、偽物や粗悪品を掴む可能性もあります。

自身が選んだ輸入品は成分が含まれていない偽物タイプで、幸い副作用等が無かったので良かったです。

その後はコスト負担を覚悟して医療機関で内服治療を開始し、半年から1年程飲み続けていくと抜毛が止まるといった変化も見られ、薄毛に悩んだ時は最初から医療機関に相談すれば良かったと感じます。