コンテンツへスキップ

育毛剤をいつも使っているのから、他のメーカーの育毛剤に変えたんですが、それから数週間酷い抜け毛が続きました。初期脱毛という知識はありましたので、最初はもしかしてこの育毛剤は効果絶大なのではと思いましたが、その後いつまで経っても抜け毛が治まる事はありませんでした。

なので育毛剤を変えてみたところ、その後抜け毛の量が徐々に減っていく事になりました。そのとき使った育毛剤が悪かったのか、いつも使っている育毛剤が私には効果があったのかはわかりません。ですが、抜け毛の量は尋常ではないくらい増えましたので、今はもともと使っていた育毛剤で落ち着いています。

そのような経験から、自分に合う育毛剤、合わない育毛剤がある事を知りました。合わない育毛剤を使うと一気に抜け毛が加速しますので、ちょっとおかしいなと思ったらじっくり観察するなど気を付けた方が良いと思います。その後抜け毛はいつも通りに戻りましたが、髪の毛が大量に抜けてしまった場所は薄いままです。

男性の薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)の場合がほとんどだと思います。
AGAとは、男性の体内にある強化された男性ホルモン(DHT=ジヒドロテストステロン)が、頭髪を脱毛させるように働きかけることにより起こります。
AGAクリニックなどでのAGAの治療方法は、まず、そのDHTを発生させないようにするAGA治療薬を服用することから開始するのです。
DHTは、元から存在する男性ホルモン(テストステロン)に5αリダクターゼという酵素が結びつくことによって生まれるもの。
5αリダクターゼの働きを抑制して、DHTの発生を阻止するのが、AGA治療薬の主な役割となります。
その5αリダクターゼを抑制すると言われているサプリメントは、AGA治療薬以外にもあると言われております。
例えば、その中ではノコギリヤシのサプリメントが一番メジャーだと思われます。
前立腺肥大などにも効果が期待されると言われているノコギリヤシ。
前立腺肥大の改善を目的としたサプリは、ドラッグストアなどでも見かけることができます。
しかし、5αリダクターゼ抑制=AGAの予防効果があるとも言われているので、ノコギリヤシは育毛サプリにもよく配合される成分なのです。
その他、亜鉛のサプリや、アロエ(頭皮に塗って育毛剤としてもいい)などが、5αリダクターゼの抑制効果があると言われております。
AGA治療薬の副作用が心配な方は、そのあたりのサプリから始めてみてはいかがでしょうか。

男性の場合は、AGAで年齢とともに薄毛になることが多いですね。女性の場合は、年齢に応じて薄くなることがありますが男性はそれと違って、年齢に関係なく薄くなることがあり困ると感じます。まだ若いのに、こんなに薄くなってしまい、これからどうしようと思うこともあるでしょう。女性に対して、消極的になってしまうということもあると想像します。女性は、そんな男性をとてももったいないと思ってしまいます。もっとアプローチしてくれたらいいのにと思うこともあるんですよ。だから、自分のことについてもっと自信を持って欲しいのです。

 

その自信を持つことができるきっかけとして、かつらがあります。カツラというと、そんなものは絶対嫌と思うこともあるでしょう。それはなんといっても、今までのかつらを使っている人を見て気づいてしまうからなんです。そのため、自分も気づかれてしまうので嫌と思う偏見があります。今のかつらはどんどん進化しているので、全くわからないものもあります。チャレンジしましょう。