コンテンツへスキップ

薄毛で一番やっかいなのは他人の視線

薄毛の唯一の救いは、鏡がない限りその姿を自分の目で見ずにすむことです。手や足のように毎日見ることになったら、生きるのが嫌になってしまうかもしれません。目視できない状況が、薄毛であることを忘れさせてくれます。そんな夢のような世界を、あっけなく現実に引き戻してしまうのが他人の視線です。

 

人間という生き物はどういうわけか良し悪しに関わらず、珍しいモノや出来事に惹きつけられる習性があります。道端にアリがいてもなんとも思いませんが、学校の教室にヘビがいたらどうでしょう。誰でもついつい見てしまうはずです。薄毛もこれと同じです。薄毛を見る人に悪気はありません。物珍しさになんとなく気になってしまうのです。

 

会話の最中にチラチラと覗いてくる視線に向かって、「見るな!」と怒鳴るわけにもいかないでしょう。プライベートなら帽子を使って薄毛を隠すこともできますが、会議などの仕事中ではそうもいきません。薄毛の人は、ただただ相手の視線が落ち着くのを我慢して待ち続けるしかないのです。他人の視線に我慢が出来なくなり神戸の発毛治療専門クリニックで治療を受けることにしました。