コンテンツへスキップ

薄毛で困ったのがアップスタイルの髪型

髪の毛が抜けやすくなって薄毛になってから困ったのは、今までのように髪を束ねにくくなったことです。髪を束ねると地肌が見えやすくなってしまい、見た目にも強いコンプレックスを感じるようになりました。ポニーテールなどは論外であり、毛量が少なくなってしまったため、ポニーテールが全くキレイには仕上がりません。薄毛は容姿の問題として視覚的にもかなりダメージをもたらしますので、髪の毛はアップスタイルやまとめ髪ではなく、不衛生な印象を与えないおろしたヘアスタイルにするようにしました。

 

毛量が普通にあったときには市販のヘアクリームや、ヘアローションも頻繁に使っていましたが、頭皮と毛髪に良くないと感じたので全て今では使いません。おしゃれのためのカラーリングやパーマも楽しくやってきましたが、それらも一切やめてとにかく髪の毛と頭皮にストレスがかからないナチュラルで健康的な髪の毛を目指しました。シャンプーも毎日ではなく、1日おきにして髪は完璧に乾かすなど、薄毛対策に力を入れています。