コンテンツへスキップ

薄毛になる前から薄毛対策をした方が良い時

今はまだ薄毛になっていないという風に思っている男性も多いかと思います。
確かにまだ薄毛が加速していない場合は髪がまだ十分あってまだ自分が薄毛になったという
自覚がない事もあります。

ですが、自分の髪に変化が起きている事にも同時に気づいていながらそれを悪い事と思っていない事もあります。それはどういう事かというと自分の髪が以前とは違って明らかに細くなっているという場合です。

でも、多くの男性は髪質が変わったくらいではまだ自分が薄毛になってきたとは思っていないです。
なぜなら、その段階ではまだ頭皮に十分な量の髪があるからです。

なので実際は薄毛の兆候が出ていてもまだ自分が薄毛になっている事に気づいてない事が多いです。
なのでまだ本格的に抜け毛が増えてない時でも髪質に変化が出てきたらすぐに薄毛対策や治療をした方が良いです。

そうすれば抜け毛が増えてしまって毛根が死んでしまう前に十分な対策ができるので
毛量が減る事を防げるようになります。